よくある質問

会社設立前

インドネシアで有限会社を設立するために必要な費用は次のとおりです。

  1. インドネシアで規定されている最低額の資本金。
  2. 会社の証書およびその他の必要な書類作成のための公証サービス料。
  3. ビジネスライセンス取得料。ただしビジネスフィールドによって異なる。

1. 天然資源

インドネシアは優れた天然資源でよく知られています。インドネシアに豊富にある石炭、石油、天然ガスなどの鉱業分野で優れています。観光部門においても、美しい自然を持っていることで非常に有望です。

2. 人口統計

インドネシアの人口と労働力は増加し、生産的でより熟練した労働者によって統治され、労働への体制が整っています。

3. 良好な経済および投資環境

インドネシアは世界経済危機を乗り越え、安全かつ健全な経済および投資環境を創り続けています。インドネシアは、アジア地域の経済的推進力の1つとしても任命されています。

4. 政治的安定性

インドネシアは、常に健全かつ助長的で、安全な政府を持つために、民主主義体制を改善し続けました。

5. グローバルな役割としてのインドネシア

インドネシアは、二国間関係や国際関係の構築に積極的に取り組んでいます。世界の発展途上国への関心を伝えるために努力し、貢献しており、G20諸国で活動している東南アジアで唯一の国です。

6. ビジネスチャンス

投資家は、インフラ、農業、製造、観光、エネルギー、デジタル産業、ライフスタイルなどの分野で多くのビジネスチャンスを得ることができ、優れた魅力的な多くの選択肢があります。

1. 輸入関税施設

2年間の輸入関税の免除、または、国産の機械を使用している企業には4年間の免税(企業が使用する機械のうち、総価格の最低30%について国産機械を使用する場合)。対象となる産業は、以下の通りです。

a. 観光と文化

b. 公共交通機関

c. 公衆衛生サービス

d. 鉱業

e. 建設

f. 電気通信

g. 港

要件:

対象となる輸入機械、商品、原材料は、

a. まだ現地生産されていないこと製造されているが、必要な基準を満たしていないこと

b. 製造されているが、必要な数量に達していないこと

2. タックスアロワンス

投資額の30%

インドネシア政府は、2019年11月12日に、2019年の政府規則第78号を通じて、更新されたタックスアロワンスポリシーを発行しました。以前の規則の145セグメントから拡大され、183の事業分野が税控除の対象となります。特定の要件の下(投資価値または輸出、人的資源の吸収、ローカルコンテンツ、およびプロジェクトの場所(特にジャワ島外)である必要があります。総投資額の30%相当額が、課税所得から6年間にわたって控除されます(年間5%の控除)。

3. タックスホリデー

財務大臣(MoF)は、2018年11月27日に規則No. 150 / PMK.010 / 2018を通じて更新されたタックスホリデーポリシーを発行しました。法人税の減税は、投資額に基づいてかつインドネシア経済にとって戦略的であると考えられる企業に対し、生産開始から5〜20事業年度の間に行うことができます。 18の対象となるなパイオニア産業は、

a. 上流の基礎金属分野産業

b. 石油・ガス精製所

c. 石油、ガス、または石炭に基づく石油化学産業

d. 農業、プランテーション、または林産物からの有機基礎化学産業

e. 無機基礎科学産業

f. 医薬品原料産業

g. 放射線、電気医療、または電気療法製造業

h. 半導体ウェーハ、LCD用バックライト、電気ドライバー、ディスプレイなどの電子機器または通信機器の主要部品製造業

i. 機械および機械部品製造業

j. 製造機械をサポートするロボット製造業

k. 発電所機械の部品製造業

l. 自動車および自動車部品製造業

m. 船舶の主要部品製造業

n. 鉄道部品製造業

o. 航空機の部品製造業、航空宇宙産業をサポートする活動

p. 農業、プランテーション、またはパルプを生産する林業

q. 経済インフラ

r. データ処理、ホスティング、および関連する活動を含むデジタル産業

4. 直接建設施設

投資登録後、政府が投資家に提供する施設ではすぐに建設を行うことができ、それと並行して地方の建設許可プロセスを進めることができます。

インドネシアには外国投資に関する詳細な規則があるため、投資家は以下の事項に注意を払う必要があります。

  • 投資の承認はインドネシアのネガティブ投資リストを参照するため、インドネシアの規制に基づいた事業セクターを認識
  • ネガティブ投資リストをチェックし、外資による会社の株式所有制限を決定
  • 最小投資額と最低払込資本
  • 有限会社は、労働力としてインドネシア市民を優先しなければなりません
  • 外国人労働者の使用許可

市場調査については、インドネシアの市場調査機関と協力して行うことができます。

インドネシアは住む上で安全な国です。“ Global Law and Order report “(グローバル法と秩序のレポート)によると、インドネシアは89のスコアにより秩序と法のレベルが最も高い国として9位にランクされました。また、ソロトラベラーインデックスのレポートでは、インドネシアは女性の一人旅において最も安全な国として5位にランクインされています。

インドネシアは住みやすい国です。たとえば、インドネシアの安価でリ​​ーズナブルな価格のレストランでの食事は、IDR 30.000(¥220)、または首都中心部(ジャカルタ)のアパートの平均家賃は月額 IDR 10.000.000(¥73.000)ほどです。

インドネシアにはさまざまな産業があります。インドネシアに設立した日本企業には、製造業(自動車、電子機器、繊維、食品および飲料など)、観光業、輸出業、保険、運輸、などがあります。

インドネシア語(Bahasa Indonesia)が公用語です。インドネシアでは英語の使用が進んでおり、最近では開発、ビジネス、教育の面においてサポートする必要があります。職場においては、英語が一般的に使われています。

会社設立

インドネシアで、外資の有限会社をゼロから設立し事業を開始するまでのプロセスには約1か月かかり、事業分野に関するその他のサポートライセンスは並行して進めることができます。

はい、文書に署名するための代理人が居る限り可能です。有限会社の設立証書については、投資家は、委任状によって別の当事者を任命することですべてのプロセスを進めることができます。

はい、日本人のゲストリレーション(JGR)が進捗状況について随時ご報告いたします。

インドネシアでは、外国投資は投資法に定められています。インドネシアへの直接外国投資は、投資とその施行規則について2007年法律第25号で規制されている、有限責任会社の形態でなければなりません。

投資の事業分野については、インドネシア標準産業分類(Klasifikasi Baku Lapangan Usaha IndonesiaまたはKBLI)に関する規制があります。これは、Badan Pusat Statistik(BPS)が経済活動のために発行した標準分類の1つです。それに加えて、投資分野における特定の要件で閉鎖および開放されている事業分野のリスト(Investment Negative List / DNI)も規制されており、外国の当事者による有限会社の株式所有の制限はこのDNIを参照する必要があります。

メリット

  • 有限責任会社の株主の責任は、所有する株式資本の額に限定されます
  • 配当金は、インドネシアで適用される規制に違反しない限り、株主総会にて株主によりアレンジされます
  • 株主の財産と有限会社の資産は区別されます
  • 最低払込資本金は総投資額の25%です
  • インドネシアは、税控除と免税期間を課しています
  • インドネシア政府は、事業許可プロセスを簡素化しました
  • インドネシアの人口構成は現在、生産的な年齢の労働者によって支配されています

デメリット

  • 税務要素
  • 法人設立プロセスはかなり時間がかかります
  • 資本全体が外国人によって所有されている企業は、営業活動開始から最大15年以内に、株式の一部を直接所有または国内資本市場を通じてインドネシア国民および/またはインドネシア法人に売却することができます
  • 全従業員の年金基金を準備する必要があります
  • 会社の閉鎖と納税義務の解消プロセスは非常に長い
  1. インドネシアのすべての法規定を遵守する
  2. 外国投資の事業制限を含む投資のネガティブリストを確認。禁止されている事業は現在、2016年のPeraturan Presiden(Presidential Regulation)No.44の下で規定されています。
  3. 最新の財務諸表に基づく純資産が100億ルピア(土地と建物を除く)を超えるか、最新の財務諸表に基づく年間売上高が 500億ルピアを超えること
  4. 総投資価値は100億ルピア(土地と建物を除く)を超えること
  5. 最低資本金は少なくとも25億ルピア以上
  6. 有限会社の組織構造には、少なくとも取締役会、委員会、および2人の株主を有すること
  7. インドネシアの規制に基づいて会社名を選択
  8. 公証による有限会社名の確認と記帳
  9. 公証人の前で設立証書を作成
  10. 公証設立証書を法務人権省に登録(通常は公証人が処理します)
  11. 投資調整委員会にて事業登録番号の提出手続き
  1. 有限責任会社の創設者のパスポートをコピーまたはスキャン
  2. 納税者番号のコピーまたはスキャン
  3. 有限会社の創設者の定款
  4. 利用可能な電子メールと電話番号
  5. 3×4および4×6サイズの赤い背景の創設者の写真(各サイズの4つのコピー)
  6. 管理体制と資本所有権に関する情報
  7. インドネシアにおける有限会社の住所
  8. インドネシアにおける有限会社の建築許可証(Izin Mendirikan Bangunan / IMB)のコピー
  9. 事業所の使用証明の写し
  10. 創設者の印
  11. 委任状
  12. 原材料から完成品までの詳細と製造プロセスを含む製造フロー図(産業セクター向け)
  13. 提供する活動およびサービスの説明(サービス事業セクター向け)
  14. 資本ステートメントレター
  15. 投資調整委員会からの承認

提出する書類は、英語またはインドネシア語の宣誓翻訳である必要があります。

有限責任会社の設立証書は、公証人によって作成され、承認を得るために法務人権省に登録する必要があります。設立証書が承認されたら、インドネシア投資調整委員会に提出する必要があります。

  1. 株式会社HISの日本人ゲストリレーションチームにお問い合わせください。
  2. ネガティブリスト(インドネシアの外国投資規制を含む)に基づいて、事業目的と活動を定義します。
  3. 法人設立フォームに必要な情報を記入し、必要な書類を提出してください。
  4. クライアントサービス契約書に署名し、費用をお支払いください。
  5. 有限会社設立のプロセスを開始します。

会社設立後

インドネシアは世界最大の島国であり、34の州で構成されています。各州には投資をサポートする独自の利点とビジネスチャンスがあるため、エリアの選択は投資ビジネスの分野によって異なります。インドネシアの多くの都市のうち、利点のある都市の例は以下のとおりです。

  • スラバヤ市は、インドネシアで最も不動産開発が進んでいる都市の1つです。実際に、不動産投資の観点からアジアのTOP 5の都市に含まれています。
  • ペカンバル市は、石油、パルプ材、ゴム加工のいくつかの外資の大企業のホストです。
  • サマリンダ市 不動産、鉱業、石油、小売業など。
  1. 税務署にて有限会社の納税者番号(NPWP)と登録証明書(SKT)を作成。
  2. オンライン・シングル・サブミッションシステム(OSS)にて事業基本番号(NIB)の登録。
  3. ビジネスライセンス(Izin Usaha)、コマーシャルライセンス(Izin Komersial)を取得
  4. 投資のプリンシパルライセンス(Izin Prinsip Penanaman Modal)
  5. 外国人労働者(Rencana Penggunaan Tenaga Kerja Asing / RPTKA)を法律および規制に基づいて特定の職務にのみ使用することの計画
  6. 就労ビザの推奨(TA-01)
  7. 外国人労働者の滞在許可(ITAS)
  8. 外国人労働者の使用許可(IMTA /通知)
  9. 建築許可(IMB)
  10. 土地利用割当許可(SIPPT)
  11. 環境影響分析(AMDAL)
  12. 地下水利用許可
  13. 事業所許可(SITU)

インドネシアでは、銀行ごとに要件と必要な書類が異なります。現地の銀行口座を開設するには、それぞれの銀行に相談することをお勧めします。

はい、有限会社を設立し、必要書類を記入すれば、日本の銀行口座を開設することができます。

インドネシアでは、新しく設立されたすべての外国企業は、永続的なビジネスライセンスおよび輸入許可などの必要なライセンスを申請できるようにするために、会計監査を提供することによって事業許可を申請する必要があります。

インドネシアのビジネスライセンスは有限会社の営業活動に基づいており、石油、ガス、地熱エネルギー以外の製造業に従事する場合、産業ビジネスライセンスなどのライセンス持っている必要があります。

手続きはビジネスライセンスによって異なります。

有限責任会社が外国人労働者を雇用したい場合、法令の規定に従い、インドネシア国民に研修と技術の移転を行う義務があります。その他に、有限会社は以下のいくつかの義務を履行する必要があります。

  1. 労働省によって認定された外国人労働者(RPTKA)を使用する計画を有すること
  2. 外国人労働者を非課税(PNBP)として使用することに関する補償料を支払う
  3. 6か月未満就労の外国人労働者を、インドネシアにて法人格を有する保険会社の保険プログラムに登録すること
  4. 技術と専門知識を移転するという観点から、外国人労働者に付き添うインドネシア人労働者を任命すること
  5. 外国人労働者のためのインドネシア語教育と訓練を促進すること 

外国人労働者側では、次のようないくつかの要件を満たさなければなりません。

  1. ポジションに応じた学歴を有している
  2. 技能証明書または少なくとも5年の実務経験を有している
  3. 専門知識をインドネシア人労働者に移転すること
  4. 外国人労働者がすでに6か月以上就労している場合、納税者番号(NPWP)を持っていること

いいえ、消費税はありませんが、付加価値税(VAT)と物品サービス税(GST)があり、税率は10%です。

業種によりますが、一般的には22%です。

インドネシアの税関地域は、港、空港、またはその他の物流のために指定された場所など、特定の国境のある地域であり、インドネシア税関総局(DGCE)の完全な監視下にあります。

海外からインドネシアの関税地域に入る商品はすべて「輸入」として扱われ、通常は輸入税の対象となります。インドネシアへの商品の輸入は、税関の検証、つまり書類の検証と商品の物理的検査の対象となり、税関申告書(PIB)を使用して税関に申告する必要があります。関税における義務を満たすためには、輸入者は投資調整委員会(BKPM)に登録して事業登録番号を取得する必要があります。

はい、OCSは税務相談、監査、法務サービスなどのワンストップソリューションをご提供します。

はい、日本とマレーシア在住の日本人スタッフがお客様のニーズとお問い合わせについてのお手伝いをします。