よくある質問

設立前

インドに有限責任会社を設立する費用は比較的手頃です。価格については会社設立のセクションを参照するか、最新のプロモーションの詳細については日本のゲストリレーション(JGR)にご相談ください。

  1. 教育を受けた労働力 – インドは教育を受けた生産的な労働者を提供しています。英語はビジネス言語として広く話されているため、現地におけるコミュニケーションは難しくありません。インドではアクティビティとトレーニングの優先度が高いと考えられており、その結果、労働力の質が向上しています。
  2. 安定した経済 – インドのプロセスは近年例外的です。インドは、強力な民主主義、主要な構造改革、個人消費のおかげで高いマクロ経済安定性ランキングを達成し、政府投資の増加(141か国中41位)が世界経済フォーラム(WEF)の世界競争力指数を支えました。
  3. デジタル競争力 – インドは技術革新の面で大国となりました。電気通信、情報技術、製薬、繊維、エンジニアリングなどの分野のハイテク企業は、その洗練度と卓越性において国際的な企業と同等です。実際、インドは現在、中国や米国と並んで、グローバルな技術革新における深刻な力として認識されています。
  4. 大規模な消費者市場 – インドには大きく健康な人々が居るため特大の消費者市場となっています。 WEFの世界競争力指数に基づく市場規模では141か国中3位にランクされている、製造品とサービスの世界最大の市場の1つです。
  5. 優れたインフラと電気通信 – よくメンテナンスされた高速道路のネットワーク、効率的な港、中央国際空港。

インドは、国内に投資する企業や投資家にいくつかの税制上および非税制上のベネフィットを提供します。州などの地方の管轄区域は、企業に税制上の優遇措置を追加で提供する場合があり、国全体の優遇措置が最も一般的に適用されます。これらは、ロケーションベース、業界特有、輸出関連、アクティビティベースの4つのカテゴリに大まかに分類されています。いくつかのインセンティブは、以下の通りです。

  1. 経済特区(SEZ)または新しく設立されたインド企業 – 国家スタートアップ政策の下で認可されたもの、発展途上の地域。電力、港湾、高速道路、電子機器、ソフトウェアなどの特定の産業に対するインセンティブ。そして、新たな産業請負の構築。 SEZには税制上の優遇措置もあります。
  2. 非居住者企業の場合 – とりわけ、海運、石油およびガスサービス、航空機、電力産業などの分野での見積もり課税のタイプ。

インドでは、外資による事業の立ち上げを大いに歓迎しています。すべての投資家が会社を設立する上で知っておくべき重要な事項は、以下の通りです。

  1. あなたのビジネスは、インド当局によって100%外資所有を許可されていますか?
  2. あなたのビジネスに必要な最低払込資本金額はいくらですか?(もしあれば)
  3. インドで外国人駐在員ビザを申請するための最低払込資本金額はいくらですか?

現時点では残念ながら、企業向けの市場調査サービスは提供していません。

スマートシティ – 公共安全性の変革 – ライフセーフシティもしくは公共安全性の変革は、スマートシティの重要な柱となる可能性があります。スマートな市民中心のサービスと保護およびセキュリティインフラを組み合わせることで、町は持続可能性と社会経済的成長を確保する準備が整います。安全な都市サービスには、警察サービス、交通管理および大量輸送システム、インシデント対応、コミュニティポリシング、緊急および災害管理が含まれます。 

インドのセーフシティに関連する主要なスマートシティテクノロジーには、

  1. 公共の場所の非常ボタンとSOSモバイルアプリケーション:緊急事態が発生した場合に備えて、警察向けに動作します。パニックボタンは、主要な公共の場所に物理的なボタンとして提供されます。 SOSモバイルアプリケーションは、緊急事態の際に効果的な対応を行うために、地理的位置を使用してアラートとインシデントレポートを動作できます。アラートは、警察内だけでなく、電話帳から選択した特定の番号にルーティングすることもできます。
  2. ビデオ分析対応の統合された都市コマンドおよびオペレーションセンター:ビデオ監視カメラは町を監視しません。ビデオ監視は、ほとんどの場合、調査後の目的でのみ使用されます。ビデオ分析はライブカメラフィードで実行され、安全性に関する一般の質問に対するアラートを自動的に検出して解除し、インシデントを回避するためのアクションを実行します。ビデオ分析が有効になっている統合された都市コマンドおよびオペレーションセンターは、緊急事態や災害を監視して、緊急時に効果的な共同対応を提供できます。 
  3. ヘルプライン:24時間年中無休の、イベント/問題/懸念に対応するための、警察署や病院などと統合された一元化/ローカライズされた緊急ヘルプライン番号。 
  4. リモートFIRセンター:First Information Report(FIR)/ 警察の訴状はさまざまな理由で登録されていません。市民を支援するキオスク/システムは、市内で犯罪が発生した管轄区域の状況に関係なく、リモートで一次情報レポート(FIR)を提出します。申立人は、要件の一部として事実上文書に署名、印刷、スキャンすることができます。 
  5. コミュニティボランティアネットワークプラットフォーム:地域の安全とセキュリティの問題に関する警察とのコラボレーションには、コミュニティ/コミュニティグループ向けのソーシャルメディアとモバイル対応プラットフォームが含まれます。

インドでの生活水準は妥当です。 2019年には、貧困レベルはさらに約2.7%低下し、インドは貧困下で最も重要な人口を抱える州の地位ではありません。同時にインドには世界で最も裕福な人々が住んでいるため、インドには大きな所得格差があります。さらに、インドの生活水準は大きな地理的格差を示しています。たとえば、インドの農村地域では、手当が非常に基本的であるか利用できない傾向にある貧困が蔓延しています。一方、多くの大都市は、世界クラスの医療施設、ラグジュアリーなホテル、スポーツ施設、そして先進国と非常によく似たレジャー活動を誇っています。

以前にインドで設立された日本企業のトップ10産業は、製造業(自動車、医療機器、繊維および衣服、電気システム、電子システム、食品加工、再生可能エネルギーなど)、外国貿易および商業、サービス、建設およびエンジニアリング、輸送および倉庫業、高級レストラン、銀行および金融、観光、保険およびその他の非製造業です。

ヒンディー語はインドの中央政府の公用語ですが、英語は日常業務で広く使用されています。個々の州議会は、公用語と見なされているため、任意の地域言語を採用できます。

会社設立

必要な書類がすべてOCSに提出されてから法人化プロセスが完了するまで、約5〜10営業日かかります。

はい。お客様の自宅からインドの会社設立をすることができます。必要な文書の署名はすべてオンラインで行われます。ただし、少なくとも1人のインド居住ダイレクターが必要であることに注意してください。 OCSは、現地に常駐する取締役がいない場合、ノミニーダイレクターサービスを提供しています。これらを利用することで、現地での会社設立はよりしやすくなります。

はい、日本のゲストリレーション(JGR)が進捗状況について随時ご報告致します。

インドでは、政府は政府ルートと自動ルートの2つの外国投資方法を開発しました。政府による投資には政府の承認が必要ですが、自動による投資には政府の承認は必要ありません。

国内への外国投資を増やすことは、政府の最大の目的であり、魅力的なFDIでインドを形成するために必要な改革です。 2020年度にインドで最高のFDIを達成している国はシンガポールで、投資額は1兆360億ルピーです。一方、インドのFDIに関してシンガポールを下回っている国は、モーリシャス、オランダ、米国、日本、フランス、英国、キプロス、およびドイツです。インドのFDIは、商工省の産業国際貿易促進局の保護下にあります。

インドの銀行関係者から通知されたプレスノート/プレスリリースを通じたFDI政策。

外国為替管理法(FEMA)の主な機能は次のとおりです。

  1. インド国外の人間への支払いや領収書の受け取りなどの活動は、交換取引や外国の安全保障とともに制限されています。中央政府に制限を課すのは、FEMAです。
  2. このアカウントでの無料取引は、課される合理的な制限の対象となります。
  3. これは、FEMAの一般的または特定の許可なしに、遠方の取引または外国の証券および国外からインドへの支払いを伴う取引を制限します。取引は、免許を持った人を通じてのみ行う必要があります。 
  4. 認定された人物によるこのアカウントでの交換の取引は中央政府によってさらに制限され、公益をサポートします。
  5. インド準備銀行は、この法律により、資本勘定取引に合理的な種類の制限を課す権限を与えられていますが、取引所の売却または引き出しは、免許を持った人物を通じて行われます。 
  6. インドの居住者は、通貨、証券または不動産がインド国外に住んでいたときに所有または取得された場合、またはインド国外に住む誰かからによって相続された場合、資産の取引、外国証券の取引、または海外で不動産を所有または保持することが許可されています。

インドのFDIを規制する法律/規則/ガイドラインは次のとおりです。

  1. Foreign Contribution (Regulation) Act, 2010.
  2. Foreign Contribution (Regulation) Rules, 2011.
  3. また、その下で随時発行されるその他の通知・命令等。
  4. 1976年FCRAは2010年FCRAの到来後に廃止されました。

メリット 

1. 最低資本金額なし

有限責任会社を設立するのに最低資本金は必要ありません。有限責任会社は、多くの場合、承認済み株式資本の合計として10,000ルピーの単なる合計で登録されます。

2. 独立した法人

Private Ltd. Companyは別個の法人格です。有限責任会社は経営陣と所有権を分離しているため、経営者は会社の成功責任を負い、会社の損失を管理することになります。

3. 有限責任

何らかの理由で企業が財政難に陥った場合、個人の責任が制限されているため、企業の債務を支払う必要はありません。

4. 資金調達

インドのPrivate Ltd.は、ベンチャーキャピタリストから資金を調達する公開有限会社を除く唯一の事業です。

5. 株式の無料で簡単な譲渡

株式有限責任会社の株式は、株主から他人へ譲渡することができます。所有権の懸念またはパートナーシップとしての事業運営の権益の譲渡と比較しても、譲渡は簡単です。株券譲渡フォームに署名・提出し、株券と一緒にクライアントに提出することで、簡単に株式を譲渡することができます。

6. 途切れない存在

有限会社は、法的に解散するまで永続的に承継します。会社が別の法人である場合、メンバーの死亡またはその他の離職、メンバーシップの変更に関係なく、会社は引き続き存続します。 「永続的な継承」は、組織の最も重要な特性の1つです。

7. FDI許可

Private Ltd.では、100%の外国直接投資が許可されています。つまり、外国会社または外国人は、Private Ltd.に直接投資することができます。

8. 信頼性を構築

企業の情報は公開データベースで入手できます。詳細の認証が容易になるため、企業の信頼性が向上します。

デメリット

  1. 株式の譲渡能力を制限します。
  2. 非公開会社の場合、株主の数は最大50名。
  3. 目論見書の一般への発行は許可されていません。
  4. 証券市場の株式では引用することはできません。
  • 取締役の最小人数は2名
  • 有限責任会社の取締役の要件は、インド市民およびインド居住者
  • 他の取締役は外国人でも可
  • 2名の株主
  • 法人または自然人が株主となることができる
  • オフィスを借りる場合は、最新の電気代請求書とオフィスの住所証明。 
  • インド国民の場合
    • PAN(納税者)カード(必須)
    • 住所証明の写真
    • 写真
    • パスポート、Aadharカードまたは運転免許証ID 
  • 外国人の場合
    • パスポート 
    • 住所の証明
    • 写真
    • 氏名、写真、生年月日IDを含む政府の免許証または文書
    • 書類は、インド領事館によって認証されている必要があります 

手順:

  1. 最低2名の株主、取締役が必要です。
  2. すべての取締役は、DIN(取締役の識別番号)とデジタル署名証明書を申請する必要があります。
  3. フォームINC-1で、会社名の申請書を提出する必要があります。
  4. MOAとAOAのドラフトを作成してから、株主と適切な担当者がMOAへの加入を行う必要があります。
  5. 会社の登録機関が承認した場合、申請者はフォームINC-7(会社設立申請書)、フォームDIR-12(取締役の任命、主要な管理職およびその変更に関する詳細)およびフォームINC-22(会社の登録事務所の場所または住所の変更通知)をMOAおよびAOAと一緒に提出する必要があります。 
  6. 会社の授権資本に従って、ROCオンライン料金と印紙税を支払います。
  7. レジストラはすべてのドキュメントを検証し、フォームINC-22およびDIR-12が承認され、INC-7が検証されます。
  8. レジストラが文書を承認すると、設立証明書が送信されます。
  9. PANカードと会社の銀行口座開設を申請
  10. 株式の引受後、FDIコンプライアンスのために資本書類を提出する必要があります。

はい、英語である必要があります。ドキュメントが他の外国語である場合は、翻訳する必要があります。

すべての書類はwww.mca.gov.inでオンラインで記入/提出され、物理的な書類の提出は必要はありません。

  1. HISの日本人ゲストリレーションチームにお問い合わせください
  2. インドでの目的に一致するよう事業目的と活動を定義
  3. 株式保有構造を決定(最低1名の株主)
  4. 取締役の重要なポジションを決定(最低1名の取締役)
  5. 法人設立フォームに記入し、必要な書類を提出
  6. クライアントサービス契約書に署名し、費用をお支払いください

会社設立後

インドは、30の州と6つの連邦直轄領で構成された大きな国です。各州には独自の利点があり、それぞれの地域がその地域に特化した独自の産業を持つ経済コリドーを提供しています。レンタル価格は、他の州に比べて中央の場所が高くなっています。

サービスに関しては、交通量の多い場所で事業を立ち上げる場合、ニューデリー、チェンナイ、ムンバイ、コルカタなどが挙げられます。

以下は、法人登録後に企業が取るべき10のステップです。

30日以内

  1. 登録事務所の提出確認(フォームINC-22)

常設登録事務所の詳細は、SPICeフォームINC-22を提出する際に会社を簡易住所で登録した場合、会社登録から30日以内にフォームINC22によって登録事務所の証明のため提出する必要があります。

  1. 会社名義の銀行口座開設

     詳細、書類、デポジットは銀行によって異なる場合があります。

  1. 会社の帳簿と会計

すべての企業は、源泉徴収(TDS)や前払いなどの税務コンプライアンスを随時遵守する必要があります。すべての企業は、会計の簿記システムで会計帳簿を準備し保持する必要があります。また、すべての領収書の支払いの会計帳簿を保存し、会社法およびその他のさまざまな法律に基づく法的要件を遵守する必要があります。 

  1. 会社による最初の監査人の任命

会社の取締役会は、会社の登録日から30日以内に会社の第一監査人として、正当な実務証明書を保持する管理者を任命する必要があります。

  1. 店舗と施設の登録

すべての事業所は、登録から30日以内に、それぞれの州の店舗および事業所の法律および規則に基づいて、店舗および事業所の登録を取得する必要があります。

  1. プロフェッショナル税登録–雇用者と従業員

すべての会社は、設立から30日以内にプロフェッショナル税–雇用者登録(登録証明書)を取得する必要があります。

60日以内

  1. 覚書への署名者による最初の資本注入

会社の定款の署名者は、設立から60日以内に、会社の登録時に基本定款に記載されている資本を注入する必要があります。

  1. MOAの加入者への株式証明書のリリース

MOAの加入者への株式証明は、設立から60日以内に会社が行う必要があります。株券は、最低2名の会社の取締役と承認された署名者によって正式に署名されたフォームSH-1の所定の形式で発行される必要があります。承認された署名者は、もし居る場合は、第3の取締役、または取締役会によって正式に承認された人物である可能性があります。株券への3つの異なる署名者が必要です。

180日以内

  1. 会社による事業開始

会社による事業開始の宣言にあたっては、MOAの各加入者が株式の価額を支払ったことを会社登記官に提出する必要があります。フォームINC20Aで会社が設立された日から180日以内に会社がこの宣言を提出し、その後、会社は事業を開始することができます。

特定の必要事項

  1. 物品サービス税(GST)登録

年間売上高が400万ルピー(サービスプロバイダーは200万ルピー)を超えるすべでのビジネスは、物品サービス税(GST)法および規則に基づきGST登録が必要です。

また、会社法およびその他会社の事業性質に適用されるさまざまな法律の下で、会社が従う必要のある規制順守要件がさらに存在します。

銀行ごとに要件と必要書類が異なります。現地の銀行口座を開設するには、それぞれの銀行に相談することをお勧めします。

はい、インドで日本の銀行口座を開くことができます。三井住友銀行とみずほ銀行が、現在インドに拠点を置いています。OCSは、日本から現地の銀行口座を開設するための追加サービスを提供しています。

会社を登記した後は、事業許可を申請します。インドでビジネスを始めるには、すべての事業において有効なライセンスを持っていることが不可欠です。一般的に、これらは関連するライセンスがあります。

  1. UdyogAadhar登録
  2. インドの食品安全基準局(FSSAI)のライセンスまたは登録:
    • FSSAIセントラルライセンス
    • FSSAI州ライセンス
    • FSSAI州登録
  3. インポート エクスポートコード
  4. ショップおよび設立法ライセンス
  5. Gumasthaライセンス
  6. アクティビティ固有のライセンスと承認

上記の詳細については、カスタマーブックレットを参照してください。実際に事業を開始する前に、JGRにご相談の上、事業の法的要件と規制要件を確認し、理解することをお勧めします。

一般的に、外国人駐在員ビザを申請したい企業は、インドの入国管理局に相談する必要があります。会社は会社法に基づいて登録され、外国資本の割合に基づいた最低支払要件を満たしている必要があります。詳細については、カスタマーブックレットを参照ください。

物品サービス税(GST)は、製品およびサービスの提供に対してインドで課される税(または消費税)であり、製造工程のすべての段階で徴収されます。税金は、0%、5%、12%、18%および28%の5種類に分割されます。

法人税(CIT)は、インドでの所得に対して国内企業と外国企業が支払う税金です。これは、組合の年間予算内の税率の変更を条件として税法によって規定されています。

現在、売上高が250クローレまでの企業は、25%の法人税を支払う必要があります。一方、売上高が250クローレを超える企業は、30%の法人税を支払う必要があります。

税率は製品価値の10%です。GSTは、統合物品サービス税(IGST)の範囲内で、インドへのすべての輸入品に適用されます。 IGSTは、輸入品の価値+費用に課せられます。インド政府は、関税に加えて、すべての輸入品に対して1%の通関手数料を査定します。

はい、OCSは税務相談、監査、法務サービスなどのワンストップソリューションをご提供します。

はい、日本とインドの日本ゲストリレーションマネージャーがお客様のニーズとお問い合わせについてのお手伝いをします。