よくある質問

設立前

タイに有限会社を設立する費用は比較的手頃です。価格については会社設立のセクションを参照するか、最新のプロモーションの詳細については日本人ゲスト リレーション (JGR) にお問い合わせください。

  1. アジアの中心 – インド、中国、ASEAN加盟国との便利で有益な貿易の機会があります。さらに、タイは休暇を過ごす人や投資家にとって、最も人気のある場所の1つであり続けています。
  2. FDI の方針と政府の支援 – タイは投資家にさまざまな税制上の優遇措置を提供することにより、外国人のタイ経済への投資を歓迎しています。過去数年間で、タイは主要貿易相手国の 1 つとなりました。タイは魅力的で安定した投資方針を持ち、また、タイと日本は、自由貿易協定である日タイ経済連携協定(JTEPA)の下で良好な関係を築いています。
  3. 良いインフラ – 政府は、東部経済コリドーを開発するためにバンコクの交通インフラをさらに強化することを計画しており、不動産は 6 ~ 8% の成長が見込まれています。デジタル インフラは、タイを「価値ベースの」デジタル経済に変えるために政府によっても重点を置かれていました。
  4. 競争力の高いビジネス コスト – バンコクの主要なオフィスと賃金は、他のASEAN諸国と比較して、高度に訓練され教育を受けた労働力にとって合理的です。さらに、タイ政府は、将来の仕事の要件を満たすための職業教育プログラムを含む教育、特に科学、技術、工学、数学の開発に取り組んでいます。
  5. 質の高いライフスタイル – タイは住む上で最適な国の 1 つであり、人々から歓迎される国として評判があります。美しい場所があり、生活費が安いです。

投資インセンティブ

投資委員会 (BOI) は、タイへの投資を促進する責任があり、タイの経済的および社会的発展にとって最も有益であると考えられる分野への投資を奨励しています。この方針は、タイでの継続的な事業に従事する外国企業に対し、現地子会社の設立を奨励するために設定されています。

インセンティブは 2 つに分けられます。

  1. 法人所得税の免除や機械の輸入関税の免除などの税制上の優遇措置。
  2. 土地を所有する権利や外国人専門家を連れてくる権利などの非課税特権。 

BOIは、国家保証、企業保護、外資参入の緩和および制限、ならびにタックスインセンティブ、 BOIが推進する企業の特権を提供します。

インフラ

フリーゾーンは工業団地の一部です。承認されたフリーゾーンで商業活動を行う外国人投資家には、輸出入税の免除、機械、設備、工具、原材料、生産に不可欠な供給品、生産のために輸入された物品に対する付加価値税の免除などの特権があります。

タイでは、外資による事業の立ち上げを大いに歓迎しています。すべての投資家が会社を設立する前に知っておくべき重要な考慮事項には、以下が挙げられます。

  • あなたのビジネスは、タイ当局によって100% 外国人所有を許可されていますか?
  • あなたのビジネスに必要な最低払込資本金額はいくらですか (もしあれば)?
  • タイで外国人にビザ/パスを申請するための最低払込資本金はいくらですか?

詳細につきましては、日本のゲストリレーション(JGR)にお問い合わせください。

タイは住む上で安全な国であり、犯罪の全体的なリスクは低いです。 72,000人以上の日本人がタイに滞在しています。 NIKKEI ASIAによると、2020年のタイへの最大の投資国は日本です。

タイは住む上で手頃な国です。隣国と比較して、投資家にとってタイで事業を立ち上げることはコスト面で有利です。タイの首都であるバンコクの生活費は、平均して月 700ドルから 3,000ドルです。

タイは、さまざまな産業において会社設立することを歓迎しています。これまでタイで設立された日本企業のいくつかの産業は、製造、外国貿易および商業、サービス、輸送および倉庫、高級レストラン、銀行および金融、観光、保険およびその他の非製造業です。

タイの公用語は中部タイ語です。英語の普及率が低いにもかかわらず、タイ人はほとんどの場合、喜んでできる限りのお手伝いをしてくれます。また、ますます多くの外国人がタイに移り住み、とても快適なライフスタイルを楽しんでいます。

会社設立

必要な書類がOCSに提出されてから、法人設立プロセスが完了するまでに約14~21営業日かかります。ただし、お申し込みが海外の場合は、宅配便の手配にさらに2週間かかります。 

外国事業ライセンスの申請には、事業活動に応じて少なくとも6か月かかる場合があります。

はい、お客様の自宅からタイの有限会社を設立することができます。必要な書類への署名はすべてオンラインで行います。現地在住の取締役がいない投資家の方もお気軽にご相談ください。

はい、日本のゲスト リレーション (JGR) が進捗状況ついて随時ご報告致します。

一般的に、タイの有限責任会社の外国人による所有権は 49% に制限されています。つまり、外国人は会社の株式の 49% しか所有できません。タイで 100% 外国人所有権を取得する方法は他にあります。これは、外国事業ライセンスの取得と投資委員会 (BOI) による認可を受けた場合可能となります。詳細については、お問い合わせください。

メリット

  • 有限責任機能 – 株主は、会社の負債および損失に対して個人的に責任を負いません。株主の責任は、出資した株式の額に限定されます。これにより、株主と投資家に高レベルのセキュリティと保護が提供されます。
  • 株式の譲渡可能性 – 売却することにより株式譲渡が可能です。
  • 独立した法人 – 株主が死亡した場合でも、会社は存続します。
  • 資金調達のしやすさ – ビジネスの信頼性と良いイメージを与え、金融機関からの融資の可能性を高めます。
  • タックス・アドバンテージ – 法人税率の軽減

デメリット

  • コンプライアンス要件 – 規則と規制に準拠します。規則に違反すると、罰則が課せられます。
  • 年次報告書提出
  1. 最低3名の株主。(タイに居住する必要はありません)
  2. 最低2名の取締役と少なくとも1名以上のタイ人パートナー。
  3. 最低払込資本金はTHB15
  1. 3つの会社名案 – 特別な名前の場合、補足書類(もしあれば)。ブックレットの会社設立のセクションを参照してください。
  2. 事業内容・活動 – 最大3つ
  3. 取締役の情報 (例:名前、ID番号、住所、メールアドレス、連絡先番号) および身分証明書のコピー
  4. 株主(会員)個人の場合 – 特定の情報 (例: 名前、ID 番号、住所、電子メール アドレス、連絡先番号)、株式数、株式価格、身分証明書のコピー
  5. 株主(会員)法人の場合 – 法人の詳細(例:会社名、登録番号、株式数、株式価値)
  • 任命された代表者(個人)の詳細および身分証明書の写し
  • 法人設立証明書の写し

代表者の任命に関する同意書・決議書 (英語である必要があります)

いいえ。政府への書類提出はタイ語で行う必要があります。ただし、クライアントは会社設立フォームにローマ字で記入するだけで済み、OCSはタイ語への翻訳をサポートします。ただし、クライアントが投資委員会 (BOI) の下で法人化を計画している場合、政府は英語による文書を受け入れることができます。場合によっては、KYC(Know Your Client)プロセスの目的で、必要に応じて日本の現地担当者が追加の書類を要求することがあります。

はい、会社名はタイ語で提出する必要があります。ただし、クライアントが英語名を使用したい場合、OCS はタイ語名への翻訳をサポートします。タイ語名は提出の目的のみです。

  • すべての非公開有限責任会社は、商務省に登録する必要があります。
  • OCS を利用することができます。タイでの登記と会社設立のプロセス全体を支援する会社登記サービスを提供しています。
  1. 株式会社HISの日本人ゲストリレーションチームにお問い合わせください。 
  2. 株式保有構造を決定します(最低3名の株主)
  3. 取締役の重要なポジションを決定します(最低2名の取締役)
  4. 法人設立フォームに必要な情報を記入し、必要な書類を提出してください。
  5. クライアントサービス契約に署名し、費用をお支払いください。

会社設立後

タイは広い国です。いくつかの州には独自の利点があり、さまざまな地域がその地域内に特化した独自の産業を持つ経済コリドーを提供しています。たとえば、東部経済コリドーのラヨーン、チョンブリー、チャチューンサオなどの州です。レンタルの価格は、他の場所と比較して中心地で高くなっています。

サービスに関しては、交通量の多い場所でビジネスを立ち上げる場合、バンコクはサービス業の会社が設立するメインエリアです。

  1. 監査役の選任
  2. 法人所得税とVATの登録
  3. 社会保険登録 
  4. 銀行口座の開設
  5. 営業許可の申請

タイでは、銀行ごとに要件や必要な書類が異なります。現地の銀行口座を開設するには、それぞれの銀行に相談することをお勧めします。

はい、可能です。タイには、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行がタイに拠点を置いています。 OCS は、日本から銀行口座を開設するための追加サービスを提供しています。

会社を登記した後は、営業許可申請を申請します。タイで事業を開始するためには、すべての事業において有効なライセンスを持っていることが不可欠です。

  1. 事業所
  2. 産業/セクター – 特定のライセンス
  3. アクティビティ – 特定のライセンス
  4. 外国事業ライセンス

上記の詳細については、カスタマー ブックレットを参照してください。

労働許可証は労働省によって処理されます。外国人はタイに入国する前にノンイミグラントビザが必要です。将来の雇用主は、外国人に代わってこの労働許可証を申請することができますが、労働許可証自体は、外国人が入国管理法に従ってタイに入国し、許可証を受け取るために自らを提示した場合にのみ発行できます。

会社が登録され、最低支払額の要件を満たしている必要があります。詳細については、カスタマー ブックレットを参照してください。

物品サービス税(GST)は、製品およびサービスの提供に対してインドで課される税(または消費税)であり、製造工程のすべての段階で徴収されます。税金は、0%、5%、12%、18%および28%の5種類に分割されます。

タイ居住会社は 20% の税率で課税されます。純利益 (THB) が 300 万バーツ以下の会社の場合、15% で課税され、300バーツ未満の純利益の場合、0% です。

関税法と関税令によって関税は適用されます。輸入および少数の輸出は関税の対象となります。輸入品の分類には、統一商品分類システム (いわゆる「統一システム」) が使用されます。タイの輸入関税の命名法は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の統一関税命名法(AHTN)2017であり、これは統一システム2017に基づいています。

関税は実質ベースまたは従価ベースで課せられ、どちらか高い方に応じて、従価税は 0% から 80% の範囲で課されます。関税令では、一部の品目については輸入関税が免除されることが規定されています。タイが自由貿易協定 (FTA) を締結している国からの輸入品は、関税が低くなります。

はい、OCS は税務相談、監査、法律サービスなどワンストップ ソリューションをご提供します。

はい、日本在住の日本人スタッフが、お客様のニーズやお問い合わせに対応いたします。