よくある質問

設立前

アラブ首長国連邦(UAE)での会社の設立は、業種や場所(本土またはフリーゾーン)によって異なります。設立手続きは非常に簡単で速くできます。設立費用はUSD 5,000からUSD 15,000ほどです。

  • 0%の法人税と100%の利益留保

企業は利益を留保し、面倒な手続きなく本国に還元することができます。

  • 空港と港

ドバイは、多くの空港や港を持つ地域のビジネスと運営のハブとして機能しています。ジュベル・アリは、フリーゾーンを備えた大きな人工の港です。

  • 最新の技術

ドバイは中東のシリコンバレーであり、米国とカナダに続いてすべての業界にすべての最新技術を備えています。

  • 年間を通してのイベントと展示会

ドバイでは、ビジネスが展示し、新しい顧客やベンチャーに会うために、年間を通じて多くの展示会やイベントが開催されています。

UAEでビジネスを行う主なインセンティブは、0%の法人税とビジネスに優しい環境です。特に、地域ビジネスハブを設立し、事業を拡大したい企業に適しています。

UAEに会社を設立したい場合は、次の点を考慮する必要があります。

  • 自国での法人税節税を考えていますか?
  • 自国以外にビジネスを拡大することを考えていますか?
  • 自国からの利益の移転を考えていますか?

はい、OCSドバイはお客様のニーズに合わせて市場調査会社と提携し、市場調査サービスを提供することができます。

UAEは住む上で安全な国です。世界平和度指数によると、UAEは世界で53番目に平和な国にランクされています。

ドバイは、主にラグジュアリーな生活で有名な、生活水準の高い国です。しかし、経済生活においてはたくさんの選択肢があります。

UAEの公用語はアラビア語です。しかし、英語は職場で広く理解され話されており、学校では必修科目です。投資家はUAEの多文化社会の利点を得ることができます。またUAEでは、外国人駐在員が総人口の89%を占めています。

報告によると、ドバイはCovid-19のパンデミックを封じ込めるために政府によって導入された効果的な政策により急速な景気回復を受けて、来年は4%の成長が見込まれています。ドバイの経済成長は2020年上半期に10.8%減少しましたが、パンデミックへの政府の迅速な対応と急速な回復への道を開いたその強力な経済ファンダメンタルズにより、年末には6.2%の縮小になると予想されています。 2020年3月から10月までの期間に、ドバイ政府は首長国での拡散防止措置の影響を軽減するために68億ディルハム相当の4つの刺激策を開始し、最終的には失業や企業の混乱というショックと影響を相殺する結果となりました。

これらの施策は、来年開催予定のエキスポ2020に加えて、今後数年間で投資の流入と雇用創出を促進するでしょう。

会社設立

ドバイでは、会社の通常の形態は有限責任会社とフリーゾーン会社です。

  • 有限責任会社は51%のローカルノミニー株主を持たなければならず、事業活動に制限はありません。
  • フリーゾーン会社は外国人によって完全に所有され、フリーゾーンの運営のみが許可されています。さらに、すべてのアクティビティがフリーゾーンライセンスの下で許可されているわけではありません。例)病院はフリーゾーンライセンスの下では許可されません

有限責任会社
メリット

  • 有限責任機能 – 株主は、会社の負債と損失に対して個人的に責任を負いません。株主の責任は、出資した株式の額に限定されます。
  • 譲渡可能 – 売却することにより株式譲渡が可能です。
  • 独立した法人 –株主が死亡した場合でも、会社は存続します。
  • 資金調達のしやすさ – ビジネスの信頼性と良いイメージを与え、金融機関からの融資の可能性を高めます。
  • 税制上の優遇措置 – 法人税率ゼロ
  • 監査報告書は、政府への提出義務なし 

デメリット

  • コンプライアンス要件 – 政府機関の会社法に規定された規則および規制に準拠し、運営する首長国によって異なります。規則に違反すると罰則が科せられ、会社は閉鎖となります。
  • 51%はローカルノミニー株主所有が必須です

フリーゾーン会社

メリット

  • 外国人投資家による100%所有
  • 譲渡可能 – 売却することにより株式譲渡が可能です。
  • 独立した法人 –株主が死亡した場合でも、会社は存続します。
  • 資金調達のしやすさ – ビジネスの信頼性と良いイメージを与え、金融機関からの融資の可能性を高めます。
  • 税制上の優遇措置 – 法人税率ゼロ

デメリット

  • 有限責任機能はありません – 株主は、会社の負債および損失に対して個人的に責任を負います。株主の責任は、出資した株式の額に限定されません。
  • コンプライアンス要件 – 政府機関の会社法に規定された規則および規制に準拠し、運営する首長国によって異なります。規則に違反すると罰則が科せられ、会社は閉鎖となります。
  • フリーゾーンライセンスの下で許可される限定的な事業活動
  • フリーゾーンからの運営のみが許可され、本土に支店を開設することは許可されていません

有限責任会社

  1. 各場所に基づいて承認された資本制限を持つ最低1人の株主
  2. 事業活動の種類に応じて 、少なくとも1人のUAE常駐マネージャー。 OCSは、UAEで公証された委任状とともにノミニーマネージャーサービスを提供します。

フリーゾーン会社

  1. 各場所に基づいて承認された資本制限を持つ最低1人の株主
  2. 事業活動の種類に応じて最低1人のUAE常駐マネージャー。 OCSは、UAEで公証された委任状とともにノミニーマネージャーサービスを提供します。

有限責任会社

  • 株主の書類
    • 株主が個人の場合、出生国からの証明および公証されたパスポートのコピーと公証された住所証明
    • 株主が事業体である場合、証明・公証されたトレードライセンス、最終オーナーが記載された会社の登録簿、承認された証明
  • 会社名の案
  • レターフォーマットによる会社の活動と事業内容の簡単な説明

フリーゾーン会社

  • 株主の書類
    • 株主が個人の場合、出生国からの証明および公証されたパスポートのコピーと公証された住所証明
    • 株主が事業体である場合、証明・公証されたトレードライセンス、最終オーナーが記載された会社の登録簿、承認された証明
  • 会社名の案
  • レターフォーマットによる会社の活動と事業内容の簡単な説明

はい、英語とアラビア語である必要があります。株主の国にアラビア語翻訳がない場合、OCSは、法務省の証明を受けて、UAEでアラビア語への翻訳サービスを提供します。

場所と事業活動に応じた政府機関

  • 有限責任会社 – 経済貿易省
  • フリーゾーン会社 – 関連するフリーゾーン機関。例)DMCC、JEBEL ALI、AIRPORT FREEZONE

有限責任会社
必要な書類がOCSに提出されてから、法人化プロセスが完了するまでに約7〜14営業日かかります。 

フリーゾーン
必要な書類がOCSに提出されてから、法人化プロセスが完了するまでに約7〜14営業日かかります。

はい、UAEでマネージャーを任命し権限を与えることで可能です。さらに、UAEで法務を遂行するために、弁護士の委任状を介して法定代理人を任命することができます。 OCSは、委任状を介してUAEの法定代理人を任命するためのサービスを提供しています。

はい、UAEの政府機関のオンラインポータルを介して進捗状況を確認できます。

制限はありません。UAEの地での事業活動が許可されている限り、外国からの投資は歓迎されます。またUAEから利益を持ち出すことへの制限もありません。すべての投資家は、これらの投資にマネーロンダリングやテロ資金供与がないことを確認する必要があります。

  1. HISの日本人ゲストリレーションチームにお問い合わせください 
  2. UAEでの目的に一致するよう事業目的と活動を定義
  3. 株式保有構造を決定(最低1名の株主)
  4. 取締役の重要なポジションを決定(最低1名の取締役)
  5. 法人設立フォームに記入し、必要な書類を提出
  6. クライアントサービス契約書に署名し、費用をお支払いください

会社設立後

ドバイに会社を設立することを強くお勧めします。ただし、より安価な法人設立を必要とする場合は、ラス・アル・ハイマに法人設立することをお勧めします。 OCSは、UAEのあらゆる場所で企業サービスを提供します。

1. 監査人の任命

取締役会は、会計年度が終了する前にUAEにて認可された監査人を任命する必要があります

2. 銀行口座の開設

銀行ごとに要件と必要書類が異なります。現地の銀行口座を開設するには、それぞれの銀行に相談することをお勧めします。

UAEには現在、日本の銀行はありません。株主の議事録と委任状があれば、会社のマネージャーは株主の物理的な存在なしに、UAEで銀行口座を開くことができます。

非常に簡単です。アクティビティのリストに基づいて、1つまたは複数のアクティビティを選択します、OCSがライセンスの申請を行います。事業目的に基づいて、政府機関はUAE中央政府からの「異議なし証明書(NOC)」を要求する場合があります。

UAEには多くの外国人駐在員が居ます。企業は現地の人材紹介会社に働きかけて、外国人を雇ったり、求人広告を掲載することができます。雇用許可を申請するには、最低給与AED 1,500が必要です。OCSは、採用、雇用ビザの取り扱い、ビザのキャンセルなど、HRと給与に関するすべてのサービスを提供します。

VATは2019年6月1日からゼロに設定されています。SSTの税率は販売額の5%です。

一般的に、UAEはGCC共通関税を採用しており、関税はほとんどの製品のCIF値の5%に固定されています。ただし、アルコール、炭酸、甘味飲料製品には50%が課され、電子喫煙装置(それらに使用される工具と液体)およびタバコ製品には100%の関税が課せられます。医薬品や農産物など、特定の商品は関税が免除されます。詳細な関税については、 Unified Customs TariffのWebページをご覧ください。

UAEは、関税が課されない「フリーゾーン」をいくつか設置しています。いずれかのフリーゾーンに登録されている企業は、関税を支払うことなく、そのフリーゾーン内に商品を輸入できます。 1998年の大アラブ自由貿易協定締約国で生産された商品は関税が免除されます。詳細については、UAE経済省とドバイ税関の情報を参照ください。

はい、OCSは税務相談、監査、法務サービスなどのワンストップソリューションをご提供します。

はい、日本とアラブ首長国連邦在住の日本ゲストリレーションマネージャーがお客様のニーズとお問い合わせについてのお手伝いをします。